01

Engineer

エンジニア

Koya

新卒で大手SNSを運営する会社へ入社。
iOSアプリ開発社内スマホアプリ開発研修や開発体制の立ち上げ新規事業立ち上げなどをおこなう。
その間社内アプリ開発研修の内容を電子書籍化し出版を経験。
2014年にGameWithに入社しサービスのインフラバックエンドフロントエンドクライアントアプリなど幅広い開発に従事。

GameWithを選んだ理由

大手で経験を積みスタートアップに

   学生時代にアプリの開発インターンに参加したことをきっかけに新卒で大手SNS運営会社に入社しました。研修期間を終え本配属になってからは上司と2人でiPad用のアプリを開発し3か月でリリース。それからiPhoneアプリの開発に2年ほど携わるとアプリの開発強化のため社内でiOSエンジニア講習をすることになり講師を任されました。そのときに作成した講義資料が好評でスマホアプリ開発の解説書として電子書籍化されました。社内講習期間が終了すると社内ベンチャーに

異動になりそこで新しいアプリの開発と海外での仕事を経験しました。

   さまざまな経験をしその後のキャリアを考えていた時に元同僚の阿部からGameWithに誘われました。もともとゲームが好きだったこと小さなスタートアップで技術力を高めたいと思ったことそしてなによりもビジョンに共感したことなどの理由から転職を決めました。

   学生時代にアプリの開発インターンに参加したことをきっかけに新卒で大手SNS運営会社に入社しました。研修期間を終え本配属になってからは上司と2人でiPad用のアプリを開発し3か月でリリース。それからiPhoneアプリの開発に2年ほど携わるとアプリの開発強化のため社内でiOSエンジニア講習をすることになり講師を任されました。そのときに作成した講義資料が好評でスマホアプリ開発の解説書として電子書籍化されました。社内講習期間が終了すると社内ベンチャーに異動になりそこで新しいアプリの開発と海外での仕事を経験しました。

   さまざまな経験をしその後のキャリアを考えていた時に元同僚の阿部からGameWithに誘われました。もともとゲームが好きだったこと小さなスタートアップで技術力を高めたいと思ったことそしてなによりもビジョンに共感したことなどの理由から転職を決めました。

仕事の内容とやりがい

専任エンジニア第1号の挑戦そしてチームへ

   私が入社したころ専任エンジニアは私だけでした。代表もエンジニアで他の業務もこなしながら開発をしていたので合わせると1.5人です。すでにGameWithのサービスサイトは動いていたので私はゲーム攻略情報に特化したクラウドソーシングサービスであるGameWorksの開発を任されました。

   当時Webサービスの開発は未経験だったので基礎的な部分から勉強をして3か月後にサービスをリリースすることができました。それからはGameWithにサービスの新機能を追加や運用ツールを開発しており特にガチャシミュレーターという機能はサイト上に設置されたガチャを引くとランダムで記事へのリンクが出てくるというツールで非常に多くの人に使っていただいています。

   あるゲームのイベントがあった際にGameWithのサーバーが落ちたことがありました。その時これだけ多くの人が同時に見てくれているのだという実感とユーザーのために自分がサーバーを落とさないようにしなくてはならないという意識が芽生えました。

   現在はエンジニアチームの人数も増えてきたのでサービスの開発をしながらコーディングルールなどの作成それらの情報のドキュメント化と共有それまで手動だった部分を自動化するツールを開発したりとチームで効率よく開発や運用ができるような仕組みづくりにも力を入れています。

   私が入社したころ専任エンジニアは私だけでした。代表もエンジニアで他の業務もこなしながら開発をしていたので合わせると1.5人です。すでにGameWithのサービスサイトは動いていたので私はゲーム攻略情報に特化したクラウドソーシングサービスであるGameWorksの開発を任されました。

   当時Webサービスの開発は未経験だったので基礎的な部分から勉強をして3か月後にサービスをリリースすることができました。それからはGameWithにサービスの新機能を追加や運用ツールを開発しており特にガチャシミュレーターという機能はサイト上に設置されたガチャを引くとランダムで記事へのリンクが出てくるというツールで非常に多くの人に使っていただいています。

   あるゲームのイベントがあった際にGameWithのサーバーが落ちたことがありました。その時これだけ多くの人が同時に見てくれているのだという実感とユーザーのために自分がサーバーを落とさないようにしなくてはならないという意識が芽生えました。

   現在はエンジニアチームの人数も増えてきたのでサービスの開発をしながらコーディングルールなどの作成それらの情報のドキュメント化と共有それまで手動だった部分を自動化するツールを開発したりとチームで効率よく開発や運用ができるような仕組みづくりにも力を入れています。

GameWithで成し遂げたい事

全員が同じ想いを持ち同じ方向を見ている

   GameWithには「ゲームをより楽しめる世界を創る」という明確なビジョンがあります。GameWithの全員が同じ想いを持っていて同じ方向を見ているからこそいいサービスを生み出すことができていると思っています。そのビジョンを実現するためにユーザーの求める情報を提供したり新しいゲームと出会う場を作ったりとさまざまな方法で挑戦しています。

   私個人としてもすべてのゲームをする人に使われゲームを楽しんでもらえるようなサービスを作ることを目指しています。例えばGameWithが攻略していないゲームの攻略情報をユーザー同士で共有しあえるようなコミュニティの開発ゲーム生活に欠かせないようなGameWithのサービスをより使いやすくするスマートフォンアプリを開発することでその理想に近づけると思っています。

   GameWithには「ゲームをより楽しめる世界を創る」という明確なビジョンがあります。GameWithの全員が同じ想いを持っていて同じ方向を見ているからこそいいサービスを生み出すことができていると思っています。そのビジョンを実現するためにユーザーの求める情報を提供したり新しいゲームと出会う場を作ったりとさまざまな方法で挑戦しています。

   私個人としてもすべてのゲームをする人に使われゲームを楽しんでもらえるようなサービスを作ることを目指しています。例えばGameWithが攻略していないゲームの攻略情報をユーザー同士で共有しあえるようなコミュニティの開発ゲーム生活に欠かせないようなGameWithのサービスをより使いやすくするスマートフォンアプリを開発することでその理想に近づけると思っています。

こんな人と働きたい

新しいサービスを生み出したい人

こんな人と働きたい

新しいサービスを生み出したい人